クレジットプロジェクト

K-011 みどり豊かな森林が育んだ「せんだい川」を中心に次世代へつなげるグリーンecoミッション

プロジェクト登録

事業者

薩摩川内市

目的

薩摩川内市は,鹿児島県の北西部に位置し,本土地域と3島からなる甑島地域で構成されている。

市街中央部を東西に流れる一級河川「川内川」,東シナ海に面し変化に富む白砂青松の海岸線,北部は紫尾山に,南部は八重山,冠岳等に連なる山々,東部は藺牟田池周辺の大小の丘陵,地形の変化の美しい甑島など,豊かな自然と風光明媚な景観を育んでいる。

薩摩川内市の市有林のうち,甑島を除く本土地域のスギ・ヒノキ人工林については,市内の林業事業体と森林経営委託契約を締結し,林業事業体による適正な森林整備を進めており,今回,間伐整備により健全な森林づくりや景観保全,地球温暖化対策に努めていくこととしています。

また,間伐作業によって伐採された木材については,可能な限りその利用に努めることとしています。

さらに,今回実施する間伐等の森林整備で得られる二酸化炭素吸収量(クレジット)の販売代金を,森林整備や観光施設や公共施設等の照明や街灯をLED照明などの省エネ機器に交換することに活用することで,温室効果ガス削減等の取組を推進していきます。

プロジェクトの計画

satsumasendai-map

場所
薩摩川内市宮里町三瀧2948-57 ほか16か所
施業方法 間伐
面積 48.03 ha
樹種 スギ,ヒノキ
計画期間 平成28年7月29日~平成30年3月31日
想定吸収量 767 t-CO2

クレジットの活用方法

  • 森林整備
  • 観光施設や公共施設等の照明や街灯をLED照明などの省エネ機器に交換

取引状況

クレジット代金活用状況

クレジット認証

K-011-1 認証日:H30.5.29 クレジット量:353 t-CO2
場所
薩摩川内市宮里町三瀧2948-57ほか21か所
施業方法
間伐
面積
48.03 ha
樹種・林齢
スギ,ヒノキ・29~56年生
実施期間
平成28年度

薩摩川内市_森林整備後の状況① 薩摩川内市_森林整備後の状況② 薩摩川内市_森林整備後の状況③

 

このページのTOPへ