森林整備プロジェクト

K-007 日置市の吹上浜海岸・白砂青松地を守りウミガメの故郷を守ろうプロジェクト

プロジェクト登録

事業者

日置市

目的

日置市は、鹿児島県の西部、薩摩半島のほぼ中央部に位置し、東は鹿児島市、北はいちき串木野市、薩摩川内市、南は南さつま市と接し、西は東シナ海に面し、その海岸線は日本の渚百選にも選ばれた日本三大砂丘のひとつ、吹上浜で、白砂青松、県内有数のウミガメの上陸・産卵場所として有名な観光地となっています。
上流にある森林からは、6河川を通じ森林のめぐみを含んだ清流水が、東シナ海に流れ込み、農林水産業の振興の基となっています。また、豊かな海洋資源がウミガメの生息環境を整え、ウミガメの上陸数が年々増加しています。
そこで、日置市有林の67%を占める吹上地域を主体に森林整備を進めることにより、森林の有する様々な機能を発揮させ、生物多様性の保全、地球温暖化の防止対策に努めるとともに、ウミガメにもやさしい環境づくりを行っていくこととしている。また、間伐作業によって伐採された木材については、可能な限り利用に努めることとしています。
さらに、今回実施する森林整備により得られる二酸化炭素の吸収量(クレジット)の販売代金については、江口蓬莱館などの4つの物産館や吹上漁港にある約70基の外灯・防犯灯をLED照明などの省エネ設備に交換を進めることで、温室効果ガス削減の取組を推進していくこととします。

プロジェクトの計画

hiokimap

場所
日置市東市来町湯田永谷5439-1・5439-3 ほか59箇所
施業方法 間伐
面積 54.37ha
樹種 スギ,ヒノキ
計画期間 平成22年11月30日~平成26年3月31日
想定吸収量 940t-CO2

クレジットの活用方法

  • 江口蓬莱館などの4つの物産館や吹上漁港にある約70基の外灯・防犯灯をLED照明などの省エネ設備に交換していくことに活用します。

取引状況

クレジット代金活用状況

クレジット認証

K-007-2 認証日:H27.8.25 クレジット量:452t-CO2
場所
日置市東市来町湯田永谷5439-1,5439-3 ほか57箇所
施業方法
間伐
面積
54.18ha
樹種・林齢
スギ,ヒノキ・34~86年生
実施期間
平成22年度,平成23年度,平成24年度,平成25年度

日置市:森林整備後の状況① 日置市:森林整備後の状況② 日置市:森林整備後の状況③

K-007-1 認証日:H24.11.19 クレジット量:502t-CO2
場所
日置市東市来町湯田永谷5439‐1・5439‐3 ほか38箇所
施業方法
間伐
面積
35.46ha
樹種・林齢
スギ,ヒノキ・30~59年生
実施期間
平成22年度,平成23年度

日置市:森林整備後の状況① 日置市:森林整備後の状況② 日置市:森林整備後の状況③

 

このページのTOPへ