クレジットプロジェクト

K-014 森の力で「ゼロカーボンシティかごしま」実現プロジェクト

プロジェクト登録

事業者

鹿児島市

目的

鹿児島市は,活火山・桜島や錦江湾という世界的にも稀有な自然景観をはじめ,南北に広がるウォーターフロントなど,多彩な資源に恵まれています。

市域の約55%を占める森林は,水源のかん養や山地災害の防止など多面的な機能の発揮を通じて市民生活に恩恵をもたらしています。特に,本市中央部を流れる甲突川は,上流の八重山など郡山地域の豊かな森林により豊富な水量を保たれ,市内最大の水源として活用されています。

また,2050年までにCO2排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティかごしま」を令和元年12月に宣言した本市にとって,CO2の吸収源である森林は大変重要な資源であることから,森林整備を本市の重要な施策として位置付け,間伐の推進や林業の担い手の育成などを通して,健全な森林の確保に努めます。

本プロジェクトでは,市有林の森林整備によるCO2吸収量をクレジット化し,その代金を市民が利用する公共施設照明のLED化など,「ゼロカーボンシティかごしま」実現に向けた地球温暖化対策に資する取組に活用します。

プロジェクトの計画

k014kagoshimacity

場所
鹿児島市下福元町9695-59 ほか62か所
施業方法 間伐
面積 47.43 ha
樹種 スギ,ヒノキ
計画期間 平成28年4月1日~令和2年3月31日
想定吸収量 1,149 t-CO2

クレジットの活用方法

  • 公共施設等照明のLED化など地球温暖化対策に資する取組に活用

取引状況

クレジット代金活用状況

クレジット認証

K-014-1 認証日:R3.6.18 クレジット量:909 t-CO2
場所
鹿児島市下福元町9695-59 ほか62か所
施業方法
間伐
面積
47.43 ha
樹種・林齢
スギ,ヒノキ・26~62年生
実施期間
平成28,29,30,令和元年度
 

このページのTOPへ